市場がある限り‚Š
ライブの臨場感と投資の関係‚

BOとFXの使い分け

投資を頭良く、賢くやるにはFXだけでは足りません。

株をやるにしても日経をやるにしても短期か長期かを使い分けるのと同じように、FXやBOを使い分けるのも非常に重要なバランスとなってきます。

あくまで利益を確定するまではいくらFXで日々の利益を眺めていても意味がありません。短期そしてリスク管理にはBO。

すこしリスクをとって大きな投資をするにはFX、などMT4なども利用しながら自分なりの投資法を確立しましょう。

世界がつながる FXワールド

日銀の次元の違う金融緩和が行われても一般庶民の生活は豊かになるのでしょうか。銀行に預けておく金利は皆さんも意識しなくなってしまう位低いものになってしまったままです。100万円預けておけば5%の利子が付いた時代もありました。ある程度貯金があれば利子で生活することもできたわけです。


 それなら資産運用に関して投資信託をとり入れて見たり、株を購入するということを資産運用のポートフォリオに組み込んで積極的に行っていてもいいはずです。小額から取り引きできるワラントなども考慮してみるべきでしょう。外貨預金に関しても以前より簡単にできるようになりました。しかしながら現金資産からこれらの投資にどれだけの人が参加しているのでしょうか?市況では個人投資家の動きを報道することもありながら実際の統計は簡単に取れるものではありません。


 私自身も投資信託に始まりワラントや外貨預金を試してみました。外貨預金関しては日本の金利より確かに好い金利のオーストラリアやニュージーランドの外貨預金があります。新興国では南アフリカなどもあります。外貨預金の結果から言うと金利でオーストラリア等は確かに資産は増えていたのですが、外貨価値の乱高下が激しく100万円程度外貨預金をしていても結果として損をする結果になりました。豪ドルは、日本のユーザーにもかなり浸透してきたといわれています。南アフリカのランドなど金利も5%程度あるのに一度も黒になったことがありません。


おすすめ情報サイト: KAIGAIBESTFX.com


 そこで私は半年ほど前からFXに参加することにしました。FX比較を徹底的に行ったのはいうまでもありませんが、FXというと博打だ賭けだといわれてマイナス面ばかり強調されます。先物取引と混同されて追証がこわい、金融のヘビー級の勝負に初心者が参加して勝てるわけがないと言われます。私は始めデモトレードから開始しました。複数あるFX会社の中には期間が限られたりしていますが注文のテクニカルは後からついてくるものとしてmt4を利用して指値で注文することから始めました。

 

通貨のペアはドルと円を基本にします。やはり基軸通貨に対する円の動きを経験すべきです。調度トライアルを始めた時期が一気に円安に進む方向でしたので、デモでは面白いほど利益が出ました。初めはローソク足だけでは判断していましたが、次第に移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカルも使い始めました。

 

全ての動きを読めるわけではありませんが指標の王道としての参考にはなることを検証できました。怖いと思う追証ですが、FXに関しては個人のレバレッジは最高25倍です。そして1万通貨を扱う保証金はドルであれば4万円程度です。

 

投資する資金が口座から足りなくなれば今所持している玉を手放すか損切りすればまた取り引きできます。それができなければ取引ができなくなるだけです。また個人の損失をコントロールするため損失のコントロールをロスカットという手法で行ってくれて破産するような損害は被りません。

 

FXやバイナリーオプション取引はダイナミックな動きをするので面白いです。そして参加することで資産形成に関して身近に意識することができます。

あなたは「ベンチャーキャピタル」という会社があることをご存知でしょうか。
ベンチャーキャピタル、略称ではVCと呼ばれています。
この会社はハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行っている投資会社のことを指しています。
資金を投下するのと同時に経営コンサルティングも行っていくことで投資先の企業の価値の向上も図っていて、担当者は投資先の取締役会などにも参加して、投資先の経営陣に様々な指導も行っています。

・会社が会社を育成する
ベンチャーキャピタルと呼ばれる会社に勤める上で最大の魅力・やりがいのある部分は1つの会社員として働いていながら他社の産業を育成させていくことができるということなのではないでしょうか。
基本的にはまだ未上場の企業に対して「出資」という名目でベンチャーキャピタルは資金を投じます。
そして、出資先のベンチャー企業の経営にも深く関わっていくことも沢山あります。
時には投資の担当をしている人が投資先の企業の社外取締役に就任して経営の一端を担うこともあるのです。
このように自分の手に企業の未来がかかっているとなるととてもやりがいを感じる人も多いでしょう。

・ベンチャーキャピタルはどのような会社を指すのか?
今日の日本ではベンチャーキャピタルの大半は銀行や証券会社などの関連会社です。
他にも、事業会社系、商社系、通信系、政府系、独立系などでもベンチャーキャピタルの会社は存在しています。
特に有名なベンチャーキャピタルとしては、ジャフコや大和SMBCキャピタルなどが上げられます。

・日本でのベンチャーキャピタルの歴史
日本でベンチャーキャピタルが生まれたのは1963年に政府の特殊法である中小企業投資育成会社法によって設立された、「東京中小企業投資育成」「大阪中小企業投資育成」「名古屋中小企業投資育成」の3社であるとされています。
これらは今日も残っています。
ですが、この3社は国が設立したものです。
民間で最も最初に生まれたベンチャーキャピタルは1972年の京都エンタープライズデブロップメントです。
この会社は1979年に解散しています。
現存する中で1番歴史が長い民間ベンチャーキャピタルはジャフコです。
約10年前までベンチャーキャピタルが社会的にどんどん需要が高まる一方で業界は組織化されていませんでした。
組織が生まれたのは2002年11月です。(日本ベンチャーキャピタル協会)
ジャフコが加入したのは2016年の6月15日と本当にごく最近のことであり、まだまだこれからの業界なのです。

@   forextradinglive.net