市場がある限り‚Š
ライブの臨場感と投資の関係‚

BOとFXの使い分け

投資を頭良く、賢くやるにはFXだけでは足りません。

株をやるにしても日経をやるにしても短期か長期かを使い分けるのと同じように、FXやBOを使い分けるのも非常に重要なバランスとなってきます。

あくまで利益を確定するまではいくらFXで日々の利益を眺めていても意味がありません。短期そしてリスク管理にはBO。

すこしリスクをとって大きな投資をするにはFX、などMT4なども利用しながら自分なりの投資法を確立しましょう。

MAKING PROFITFXで儲ける

FXで儲けてみよう!

FXは短く言い表せば、為替差益によって利益を生み出す金融商品です。では、為替差益とは、どういう事なのでしょうか。
為替差益は、二つの通貨を用い、例えば円安、円高などの、その通貨間の為替レートの変動を利用して利益を産んでいきます。言葉にすると複雑ですが概念的には「安く買って、高く売る」「高く売って、安く買う」という、普通の商品を買うことと何らの変化はありません。
普通の商品の場合は、まず商品を「買ってから売り」ますが、FXではその対象の商品が通貨であるため、為替を基準に相対的に価値が変化しているため、「売ってから買う」ことも可能なのです。売り買いどちらからでも取引可能という点が、為替差益を扱っているFX最大の特徴といえるでしょう。
それでは、これをFXの流れにあてはめて例を挙げ、利益を産む、つまり、儲かる仕組みを理解していきましょう。


・「安く買って、高く売る」の場合……

初めてFXの取り引きをすることになった貴方は、手持ちの10000円でドルを買う事にしました。この時の為替のレートが1ドル=100円だったので、10000円を払って100ドルを買いました。
しばらくすると為替レートに動きが出ました。円安が進み1ドルが110円になりました。貴方はこの時に、買っていた100ドルで円を11000円分買い戻します。
これにより、貴方はFXの取り引きを介して、10000円の投資をし11000円で確定、差し引きして1000円の利益を得ることができました。

・「高く売って、安く買う」の場合……

同じくFX取り引きをすることになった貴方は、手持ちの100ドルを売ることにしました。1ドル=110円のドルを100ドル売ったために、11000円が残りました。
しばらくすると為替レートに動きが出ました。円高が進み1ドルが100円になりました。貴方はこの時に、買っていた11000円でドルを110ドル分買い戻します。
これにより、貴方はFXの取り引きを介して、100ドルの投資をし、110ドルで確定し、差し引きして10ドルの利益を得ることができました。


・もちろん、損をすることもある!

当然のことですが、普通の商品の売買でも損失が出るのと同様、FXも必ず利益が出るわけではありません。150円の円安を見越してドルを大量に買い付けた後に、為替のレートが50円の円高に変わってしまった場合を考えれば、想像に難くないでしょう。

為替相場の動きは上がるか下がるかの単純なものですが、だからといって、直感ばかりに頼っていては、儲けることはできません。
為替の特性をよく理解し、相場の動向を様々な情報やツールで分析、予測、戦略を立てて慎重に取引することが何よりも重要になります。
別の言い方をすれば、この分析、予測、戦略こそが、金融商品の最大の魅力であり、FXの醍醐味であるとも言えるでしょう。


@   forextradinglive.net